会計で会社を強くする調布市の会計事務所。
経済産業省認定の経営革新等支援機関です。
お問い合わせは 042-426-4109 までお気軽にどうそ!

白庄司税理士事務所-中小企業のための会計事務所です。お問い合わせは 042-426-4109 まで。

CFseminar.JPG

東京都調布市中小企業のための会計事務所 所長税理士 白庄司 英明


お問い合わせはお気軽に!
電話 042-426-4109
メール

東京都調布市、京王線調布駅東口(北口)前徒歩1分。
会計で会社を強くする会計事務所です。

京王線調布駅前、調布市の白庄司税理士事務所をご覧いただき、ありがとうございます。
私は所長税理士の白庄司英明と申します。

白庄司税理士事務所は「会計で会社を強くする」を経営理念に掲げ、会社の業績を向上させ、財務体質を強化したいとお考えの経営者様および経理担当者様を会計・経理の側面からご支援しております。

私はキヤノン株式会社の経理部門で働きながら勉強し、税理士になりました。近年、オリンパス、シャープなどキヤノンの競争相手である多くの電気メーカー、精密機器メーカーが経営危機を経験しましたが、キヤノンは今のところ比較的安定した業績を維持しています。その原因は、技術、マーケティング、あるいは時の運などいろいろな側面から説明できると思いますが、キヤノンの中で働きながら感じていた原因の一つは「キヤノンは経理が強い会社である」ということです。

5か年の経営計画をベースにして、少なくとも3か月毎に予算を作り直し、毎月予算と実績との乖離を測り、原因を究明し、行動を修正する。そんな活動を「経理部門だけが」するのではなく、開発、販売、工場など「すべての」部門が行っています。経理部門は、経営者や各部門に経理情報を提供し、判断を助ける役割を担っています。

私がこのような「キヤノンのすごさ」を話すと、中小企業の経営者に「それはキヤノンが大企業だから。うちの会社とは違う。」と言われることがあります。しかし、キヤノンも創業時は数人のカメラ技術者がいるだけの中小企業でした。中小企業であってもこのような経理活動を続けてきたからこそ、今のような強い財務体質を持つ会社になったのだと思います。

私のキヤノンでの約20年の経理実務経験と、税理士としての会計・税務の専門知識を生かして、やろうとしていることは、お客様の会社を規模こそ違ってもキヤノンに負けない強力な財務体質と、突然の環境変化にも柔軟に対応することができる経営体質を持つ「強い会社」にすることです。

白庄司税理士事務所は会計で会社を強くします。


契約前のご相談は無料です。
お気軽にお問い合わせください。

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

白庄司税理士事務所 (東京都調布市・調布駅前):携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://zeirishi-support.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。